Google
ウェブ検索 サイト検索
資料請求 進路相談 お問い合わせ サイトマップ
合格体験談 2007年度   合格体験談 セレクト   人文学系 合格体験談 社会科学 合格体験談 自然科学 合格体験談
 合格体験談 2020年度    合格体験談 2019年度  合格体験談 2018年度 合格体験談 2017年度 合格体験談 2016年度
 合格体験談 2015年度  合格体験談 2014年度  合格体験談 2013年度 合格体験談 2012年度 合格体験談 2011年度
   合格体験談 2010年度  合格体験談 2009年度   合格体験談 2008年度 合格体験談 2006年度 合格体験談 2005年度


 琉球大学医学部医学科科 学士編入合格 (男性Yさん)
 「彼を知り、己を知れば百戦して殆うからず」−まずは、自分の学力と学士編入で問われる力を把握することだと思います。その上で志望校を選択し、勉強計画を立てます。英語はすぐには伸びません。そのくせ2日やらないとカンが鈍り始めます。ですから少しずつでも毎日英文を読むことを大切にしていました。生命科学は高校生物をしっかりとおさえることが大切だと感じました。(中略)また、高校生物を理解していないと、その先の知識をいくら詰め込んでも自分で論述できないと思います。(中略)私は「今年合格」を何よりの目標にしていました。勉強開始が遅かった、仕事がある、そんなのは全て言い訳です。やるしかありませんでした。幸いなことに目標を達成することができました。結局は最後まで逃げずに自分を信じてやることだと思います。そんな私に協力して下さった院予備の皆様に感謝致します。有難うございました。


 神戸大学発達科学部人間形成学科(心理発達論)編入合格 (女性Mさん)
 この度は、無事志望校に合格し、これも院予備の皆様のおかげと心より感謝しております。(中略)やってもやってもちょっとした間違いや不注意があれば落ち込む私を、どの先生方も丁寧に指導して下さり、また、励まして下さいました。「勉強は苦手だ」「頑張っても自分には無理」という思いを拭うため、一生懸命勉強しましたが、ちょっとしたつまづきで諦めようとするのが初めのころの私でした。しかし、先生方に教えて頂くうちに間違ったことの中から正解以上の知識を得ることができると知り、最後の頃は「今間違っておいてよかったなぁ」と思えるようになっていました。(中略)また、先生方だけでなく、スタッフの方も折に触れ声をかけて下さり、不安な気持ちを切り替えることができました。(中略)目標に向かって一生懸命努力すれば、努力しただけの結果が得られる、今はそう思います。(後略)


 神戸大学農学部生物環境制御学科編入合格 (男性Sさん)
 私が受験の際に必要だった教科は英語と論文でした。しかし、どちらも不得意で、論文に関してはまったく書き方もわかりませんでした。ですが、英語では予備校で使用した教材の長文を何度も復習し、教えてもらった勉強方法で勉強することで、非常に解くのが簡単になりました。論文に関しては、私が受験した大学では、環境に関する問題が出題されることがほとんどだったので、インターネットで調べたり、関連する書物を読みあさりました。論文の勉強をする時には、事前に過去問題を集めて受験する大学の傾向を調べておくと良いと思います。予備校では、一緒に勉強している人たちの論文を読んで参考にしたりしました。英語や論文は、常に勉強していないとその力が弱るので、受験後も続けていくべきだと感じました。


 同志社大学大学院法学研究科合格 (男性Kさん)
 私は税理士試験の科目免除のために大学院に行くことを決定し、入学試験の対策のため、院予備の授業を受けることになりました。勉強方法については、(中略)授業で行われる法的思考を養うことが基本であると思います。そこから租税法や憲法などの知識を付けていくことで、自然に自分の目指す解答が作れるようになり、(中略)毎回の授業で出される問題を解答することで、試験でどのような問題が出題されても対応できるようになったと思います。(中略)また、授業内で行われる面接の練習はとても参考になりました。(中略)指導して頂いた先生をはじめ、院予備のスタッフの皆様には本当にお世話になりました。有難うございました。


 兵庫教育大学大学院学校教育研究科臨床心理コース合格 (女性Hさん)
 私は仕事をしながらの受験、また心理学はゼロからのスタートだったので、最初は戸惑うこともたくさんありました。(中略)とにかく私の場合は時間が限られていたので、いろいろなことに手を出すのではなく、授業で教わったこと頂いたレジュメだけは最低限おさえておこうと学習していました。その他、兵教は口頭試問の配点も高いと聞いていたので、志望動機や研究計画書の内容についても自分なりに整理して簡潔に答えられるようにしておきました。大学院予備校は関西にもたくさんあり、予備校選びには正直悩まされましたが、少人数制で先生との距離が近い院予備は私にはぴったり合っていたと思います。合格に導いて下さったスタッフの方々に、心より感謝しております。本当にありがとうございました。


 京都ノートルダム女子大学大学院心理学研究科合格 (女性Uさん)
 「臨床心理士になりたい」・・・高校3年生のときに決めてから私のやったことは臨床心理学が学べる大学に入学したことだけであった。(中略)「なりたい」という気持ちだけ持って何をしてよいかわからないまま卒業。そんな私の見かねた両親が(中略)背中を押してくれた。情けない話だがそれまで私は何もしていなかった。院予備に入ってはじめての授業は衝撃だった。心理学は知らないことばかり。英語はまったくといっていいほど読めなかった。「これじゃだめだ」と思った春、勉強方法も意志も変えた。毎日短時間でも机に向かうようにした。知らないことはどんなに小さなことでも調べた。ノートは頭に入りやすいように箇条書きにした。何冊もの教科書の文章を手本にして論述の勉強をした。(中略)すると知識が自分のものになる実感を持て始めた。やりたい方向性が決まって研究計画書もまとまった。(中略)院予備に通っていなければ合格できていなかったと思う。ここで得たものは一人の学習では得られないものばかり。大学院に行きたいけれどどうしていいかわからない人に是非おすすめしたい。授業・情報・実力テスト・先生方・スタッフの方、そして刺激し合える友人。受験においての強い見方になるはずである。(後略)



院予備 〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目5-7 三旺ビル3F TEL:06-6311-1385    050-3387-3796